これから人気の投資法|airbnbというサービス

模型を持つ人

少ない自己資金ではじめる

airbnbは新しい投資として注目されている手段です。airbnbは部屋を貸したい人がホスト登録し、利用したい人がゲスト登録して、互いのニーズをマッチングするサービスを行っており、airbnbを利用することで利用していない部屋の収益化ができます。

新たな不動産事業の在り方

airbnb投資は初期費用がほとんどかからない、誰でも簡単に始めることが出来る新しい不動産投資です。空室リスクも少ないので初心者にもオススメです。また代行業者を使うことで民泊の面倒な作業をする必要がなくなり、利用者の分析に力を注ぐことで更なる利用者の拡大を目指すことが出来ます。

需要を把握しニーズを獲得

札束

宿泊地の不足を解消

日本への観光客の増加に伴い、日本の宿泊施設が不足しているというニュースを目にする機会が増えてきました。実際、休日や主日ともなると人気エリアや人気なホテルは満室となってしまい、十分な宿泊施設が足りていない現状があります。そこで、airbnbの需要が増え、安くそして簡単に日本で泊まれる宿泊地を求める外国人も増えてきました。そんな需要の増加とともに、airbnbで投資を始める人も増え、宿泊施設を簡単に供給出来る時代となっています。まずairbnbでの投資を検討した際に、正確な需要を獲得する必要があり、立地と価格は非常に重要な要素となっています。まず立地に関する需要を調べるには、外国人観光客が頻繁に訪れる場所に近い事がカギとなり、都内であれば銀座や新宿が人気エリアですが、不動産投資を行うには十分な資金も必要となってしまいます。繁華街から数駅離れると家賃相場が大きく下がる可能性もあり、交通の便が良い場所であれば宿泊者を多く集める事が出来るかもしれません。そして価格面は、ホテルと比較してある程度安くある必要があります。ホテルではサービスが充実している分、ただ宿泊するだけの部屋の提供であれば、サービスが無い分安価なairbnbを求める観光客が多くなります。しかし投資した分を回収するための最低限の利益も必要となりますので、事前に予想される需要から得られる収入と、必要経費を差し引いた予測される利益を算出しておくと良いでしょう。

民泊ビジネスはおすすめ

airbnbは専用のウェブサイトにホストとして登録することで始められる民泊ビジネスです。自宅の空き部屋や賃貸住宅で登録できます。寝具やリネン類、WiFiルーターを準備することで小資金にて始められる投資として注目をあつめています。外国人旅行客が急増している、今がチャンスです。