これから人気の投資法|airbnbというサービス

男の人

新たな不動産事業の在り方

積み木

仕組みや運用のコツ

将来の不安感や税金対策などから不動産投資が人気ですが、airbnb投資という新たな不動産投資が生まれました。airbnb投資とは民泊サイトであるairbnbを活用した不動産の運用方法で、手軽に始められることが特徴です。airbnb投資の最大のメリットは初期費用がほとんどかからないことです。一般的な不動産投資ではマンションの1室を購入することで1,000万円以上の費用がかかってしまいます。一方airbnbの場合は敷金・礼金、家賃、光熱費くらいなので多く見積もっても100万円程度です。このように比較してみるとairbnbは初期費用がかからないことがよく分かります。不動産投資では初期費用の高さがハードルとなることが多いですが、airbnbは資金が用意できない人でも始めることが可能です。そしてもう一つ大きなメリットがあり、それは空室リスクの回避です。airbnbは非常に人気のあるサイトであるためよっぽどのことが無い限り空室が長期間続くことはありません。一般的な不動産投資では空室リスクは常に付きまとうので、その点でも有利です。それではairbnb投資で成功するためにはどうすればよいのでしょうか。考えられることとしては、代行業者の利用が挙げられます。民泊の業務には意外と面倒な作業が多く、予約管理やゲストマニュアルの作成、清掃などを行う必要があります。これらをすべて委託してしまえば、やるべきことは部屋の用意だけなので非常に楽です。また空いた時間を利用して、利用者の分析や部屋の改善を行うことにより、より利用者を増加させることが出来ます。