これから人気の投資法|airbnbというサービス

男の人

民泊ビジネスはおすすめ

集合住宅

小資金からでも大丈夫

airbnbというアメリカで発祥の民泊ビジネスがあります。ウェブサイトに登録した宿泊場所を提供する人(ホスト)と安価な宿泊先を希望する旅行者(ゲスト)を結びつけるビジネスです。現在、世界192カ国の33,000都市において80万以上のゲストの利用があります。そうしたairbnbは小資金から始められる投資としての注目を集めています。投資は資金がないと始められません。しかしairbnbは自分の空き部屋を使うことで初期投資額が少なくてすむというメリットがあります。自宅や自分の住んでいる部屋、または賃貸し住宅でも運営が可能です。ただし、賃貸し住宅の場合は大家さんの了解を取る必要があります。airbnbを始めるに当ってはベッドや布団などの寝具、シーツ、枕カバー、タオルなどのリネン類、モバイルWiFiルーターなどを準備する必要があります。モバイルWiFiルーターは外国人旅行客にとっては観光する情報を得るために必要不可欠なものなので契約しておいた方が良いです。WiFiルーターのない宿泊先は敬遠されます。こうした初期投資はWiFiルーターの契約以外は工夫すれば資金をかけずに手持ちのものを上手に活用することで始められます。寝具やリネン類は清潔であれば新品でなくてもかまいません。2020年には東京オリンピックが開催されることもあり、日本に訪れる観光客は急増しています。2015年には1900万人の外国人旅行客がありました。そうした外国人旅行客を受け入れる宿泊施設は足りていないのが現状です。小資金から始められるairbnbで投資をすることは、今、チャンスなのです。